Azura

ノロノロイラスト描いたり騒いでるだけ

すごーい!

けもフレ難民です。同情するならはやく2期をよこすのです(迫真)

 

 

追記:妄想ネタ注意

 

 

 

なると

放送終了してしまったのに今更ハマりつつあるこの気持ちをぶつける

 

救済主義者だった子が闇落ちする話

典型的な夢見がち女子が所謂トリップし、死者救済だのキャラクターと仲良くなるだのを目指していたらその幻想を粉砕される。何回も目標を達成できずに転生しているうちに段々と擦れていく

現在n回目の転生。n-1回目で最後の死者救済を敢行したものの、あえなく失敗。ここで完全に闇落ち。キャラクターなんか知るか、原作なんか知るかとsan値がマイナスに振り切っている。貴公の人間性も限界と見える・・・

n回目以前の転生の条件として、死者救済をすると問答無用で転生、原作の展開にないルートに進む(良い方向に進むと駄目であって、改悪はなぜか良い)

これまでの転生を合わせると地球の歴史を一人で賄えるくらいには生きたり死んだりを続けている。100●回生きた猫か何か?今までやってきた人生としては戦争孤児から大名まで幅広く。性別もどちらも経験済み。忍者もやったし侍も一般人も経験した。火の国やそれ以外の国でも生活したし、里を抜けて追い忍に追いかけられたり、追いかけもした

そのせいで国の事情には精通しているし、人間の情報も豊富。n回の転生の中で出てこなかった人などいないって位には見続けてきた。生きる攻略本。好感度アップは任せろー(バリバリ)

n回目ではうちは一族の女の子として誕生。イタチよりも年上。オビト>シスイ>=n回目>=イタチ

いつもは一族が壊滅する前に里抜けするか他の一族に許嫁の名目で一足先に集落を抜けるがここでチャート変更して偽マダラさんと接触したりして悪人ルートを進む。しかし、今回は(この子は気づいていないけど)何万分の1の確率で発生する死者救済おkルートだったみたいな 話

うちは一族での生を受けた場合の死亡原因の主だった例は、一族壊滅に巻き込まれる、シスイと共に眼を抉られてそのまま失血死、里抜けして追い忍に殺害される、病死、瞳術の使い過ぎによって失明&そのまま抵抗も出来ずに死亡というのが主。転生初期はこれによって残機が削られた

n回の人生経験からその人が欲しい態度や言葉を与えることが得意(本人はギャルゲーか乙ゲーの感覚で選択している)。相手を依存させておいて本人は素知らぬ顔で対応する

死者救済は必ずしも良い行動であるのか?というのが見てみたい。この子の行動原理もキャラの救済などから自分の成仏(あるいは消滅)へと変わってきているという設定とかだったら面白い

 

 

普通の人間

そのまんま普通の人間。こんなのが忍者の世界にいるとか危ないよって位の平々凡々

日和見で自分の周りだけでも平和だったらいいやーな人間。面倒なことには口を出さないし、見向きもしない

半ばニートではあるものの定食屋を切り盛りする。不定期で休業する

気がついたら常連が忍者ばかりで戸惑う。アイエエエエ!ニンジャ!?ニンジャナンデ!?

提供される料理は和食と簡単な洋食。夜はつまみも提供

 

 

名探偵

ハマってしまった沼その2。小さい頃は白鳥警部が好きでした・・・(小声)

 

組織所属

一応幹部。コードネームはギムレット

強襲とハニートラップ担当。ハニトラの目標はベルモット

気分が良いと「I want a girl」を歌い始める。When I was a boy my mother often to me~

すぐに消されそう

 

 

カンパニーの狗

チャーチさんに雇われた消耗品軍団の子。アメリカにいたはずなのに、気がついたら国境を越えて手伝うことを強要されていた。切ない。どこで働いているかはバーニー達も知らない

組織が壊滅するまでは働き詰め。それこそ馬車馬のように働かされる。傭兵って辛いな、サム・・・

仕事内容はキールとの繋ぎ、組織との戦闘行為などなど

愛車はK1200R。愛銃はバーニーから貰ったVP70

米花町についてから危険手当が付きまくりで辛いし、ビュロウのスナイパー怖すぎで早くも郷愁に駆られる若手メンバー。私の仕事分野こんなのじゃないんですけど・・・と申告しても握り潰されておしまい。社畜の気分

 

 

一般人

一般人。死んだことによって世に言うトリップして来ちゃった人

それまでは普通に暮らしていたのに、首都名や住所の変化によって気づきはじめバスジャックによって決定打になる。一刻も早く引っ越したい

高校生~新社会人。関わりたくないのに眼鏡の死神に出会ってしまう不運の人

探偵と会うたびに動揺するので組織ではと疑われたり、犯人の人質になったり、家にトラックが突っ込んだりと苦労が絶えない

医療従事者または医療系学生。探偵と関わりすぎて平成のワトソンとか呼ばれ始める。段々と関係ない振りが出来なくなることに加え、関わらざるを得ない状況を周りが設定してくる

 

 

スパイ

某サヴィル・ロウの仕立屋さん所属。俗物ではない

優雅たれを体現しているので並大抵のことでは驚かない怒らない。先輩仕込みの小粋な英国ジョークをかます

眼鏡は細身の黒縁。掛けていないこともしばしば

マーリンとは茶飲み友達。ガラハッド(ハリー)とは年の離れた親友関係を築いていた

アーサー候補。現ヴィヴィアン(またはエレイン)

好きな酒はマティーニとジン・フィズ

任務に当たっての車はいつものロンドンタクシーが使えないためアストンマーティン・DBSを使用

 

 

カブリオレ6シリーズとかフェアレディZトヨタ86が似合うお姉さんとおじさんすき